アメックス・ゴールドのメリット・デメリットのご紹介

アメックス・ゴールドのメリット・デメリットのご紹介

アメリカン・エキスプレス、通称アメックスについて、ステータスが高いクレジットカードと認識しているが多いブランドカードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、通称アメックス・ゴールドについての特徴、メリット・デメリットを解説します。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとは?

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下、アメックス・ゴールド)は、国際ブランドのゴールドカードであり、これだけでもステータスが高いクレジットカードになります。

しかし、このアメックス・ゴールドは、通常のゴールドカードというよりも一般的なプラチナカードに匹敵する優れたクレジットカードです。

ここでは、特徴の他、メリット・デメリットも解説していきます。

アメックス・ゴールドの基本スペックは?

カード名 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年間費 29,000円+税
家族カード年間費 1枚目:無料、2枚目以降:12,000円+税
還元率 100円=1ポイント(1%)
ETCカード 無料 ※新規発行手数料:850円+税
海外旅行保険 最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)

アメックス・ゴールドのメリットは?

アメックス・ゴールドのメリットは、以下の6項目になります。アメックス・グリーンとの比較表を付けました。

  • ポイントプログラムの使い勝手
  • 空港ラウンジが無料で利用可能
  • プライオリティ・パスが年2回無料で利用可能
  • 海外旅行保険付き
  • 旅行・ショッピング関連特典の多さ
  • ダイニングby招待日和でレストラン1名無料

ポイントプログラムの使い勝手

ポイントプログラムは、基本的に100円=1ポイントとなり、アメックス・グリーンと基本的にかわりません。

アメックス・グリーンでも解説したように、年間参加費3,000円+税がかかりますが、「メンバーシップ・リワード・プラス」への加入を行えば、ポイントの有効期限が無期限となり、おすすめは、ANAマイルへの移行があります。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入して、ANAマイルへの移行をした場合には、1,000ポイント=1,000マイルになります。

通常のポイント有効期限は、3年間なので、メンバーシップ・リワード・プラスのコストを抑えたい場合には、3年に1回会員になり、ANAマイルなどへの移行をすることも可能です。

空港ラウンジが無料に!

アメックス・ゴールドカードを所持しているだけで、国内空港および、ハワイ・ホノルル空港のエアポートラウンジが、同伴者1名まで無料で利用することが可能です。

通常このラウンジには、1,000円程度の料金がかかるため、2名で利用することで約2,000円分のサービスを無料で使うことができるサービスです。このラウンジは、くつろげるスペースにwi-fiと電源が完備されており、ソフトドリンクは無料で飲むことが可能です。

プライオリティ・パスが年2回無料で利用可能に!

世界1,300か所以上の空港ラウンジが利用できる、プライオリティ・パスの利用料金が、年間2回まで無料になります。3回目以降の利用は、通常料金を支払えば、利用することができます。

特に海外の空港ラウンジは、豪華な場合が多く、アルコールを含むドリンクが飲み放題、食事・軽食があるラウンジが多数あります。

年2回と制限はありますが、無料で使える分が増えることはありがたい特典です。

アメックス・ゴールド アメックス・グリーン
プライオリティ・パス(年間費無料) 利用料(32ドル)が2回無料/年 利用は有料(1回32ドル)

海外旅行保険の手厚さ!

海外の国々では、高額医療費を請求されるケースがあります。特にアメックス・ゴールドでは、海外旅行保険の補償が格段と手厚くなっています。

アメックス・ゴールド アメックス・グリーン
航空便遅延補償(海外旅行) 補償あり サービスがなし
海外旅行保険(自動付帯) 最高5,000万円(自動付帯 自動付帯なし
海外旅行保険(利用付帯) 最高1億円 最高5,000万円
海外旅行保険 傷害・疾病治療費用 最高300万円 最高100万円

海外旅行先で予定していた航空機が遅延することもあります。そんな時に安心できるのが、航空便遅延補償です。乗り継ぐ予定の便が遅延したため、4時間以内の乗継便に乗り継ぎができなかった場合に宿泊料金や食事代金を最大20,000円補償してくれます。

また、旅行先で手荷物が遅延したり、紛失してしまった場合でも目的地で負担した衣料・生活必需品の購入費用を最大40,000円まで補償してくれます。

アメックス・グリーンでは、少し不安が残る傷害・疾病治療費用も最大300万円になるため、高額医療費のかかる地域での治療も安心して受けることが可能になります。

旅行・ショッピング関連特典の多さ

上記の旅行保険・遅延保険、紛失・盗難補償以外にも旅行やショッピングに関する特典の多さが目立ちます。それ以外にも以下の4項目が付帯しています。

  • ショッピング補償
  • キャンセル・プロテクション
  • リターン・プロテクション
  • 自宅空港間の手荷物宅配サービス

海外旅行での買い物や急な旅行のキャンセルなどにも補償がついいるため、何があっても安心できるのが、アメックス・ゴールドのメリットとなります。

ダイニングby招待日和でレストラン1名無料

アメックス・ゴールドでは、全国約200店舗の高級レストランのコースを2名以上で予約注文すると1名が無料になるサービスです。高級レストランのコースは、1名10,000円以上するメニューも多く、年間費を補填するには有効なサービスになります。

ダイニングby招待日和については、以下のレポートで詳しく解説しています。Mastercardでの紹介ですが、内容は同様となります。

アメックス・ゴールドのデメリットは?

特典の多いアメックス・ゴールドですが、ここではデメリットと思える部分を解説します。

  • 海外では利用できないお店がある
  • プライオリティ・パスが2回まで無料
  • 海外旅行保険の最高補償は利用付帯になる

海外では利用できないお店がある

アメックスカード全体に言えることではありますが、海外で利用できないお店があります。日本国内はJCBとの提携によって困ることはほとんどありませんが、ヨーロッパなどでは、利用ができないお店があります。

この場合には、海外旅行へ行く場合には、最低2枚のクレジットカードを持っていくことをおすすめしますので、世界中で使えるVISAか、Mastercardを2枚目で持っていると安心です。

プライオリティ・パスが年間2回まで無料

アメックス・グリーンに比べて、2回無料で利用できるので、頻繁に海外へ行くことのある人以外では、その回数以内に収まることが多いのではないでしょうか。

3回以上の利用が必要であれば、プライオリティ・パスの利用無制限の特典が付いているカードと一緒に持っていると良いかもしれません。

おすすめは、楽天プレミアムカードです。このカードは、年間費10,000円+税で何度も利用ができるプライオリティ・パスが付帯しているカードです。また、国際ブランドはVISA、Mastercardを選ぶことができるので、2枚目のカードとしても有効に利用できます。

楽天カードについては、以下のレポートで詳しく解説しています。

海外旅行保険の最高補償は利用付帯になる

死亡・後遺障害補償の最高1億円の旅行保険については、旅行代金などをこのカードを資料して支払う必要があります。(利用付帯と言います)

通常であれば、最高5,000万円の補償になりますが、旅行代金をアメックス・ゴールドで支払うだけなので、それほど面倒な手続きなどはありません。

アメックス・ゴールドエリートの入会条件

入会条件は、満20歳以上であり、日本に定住所を持っていること。また、定職についており、安定した収入がある方となっています。一般的には、正社員で年収350万円以上だと通過しやすいなどの噂もあるようです。

アメックス・ゴールドはこんな方におすすめ!

  • 高いステータスのクレジットカードを所持したい方
  • 海外旅行へ行く機会が多い方
  • 将来的にプラチナカードを所持したい方

どのゴールドカードにしようか迷っている場合には、カードステータスが高く、特典・補償の多い、アメックス・ゴールド・カードがおすすめです。