アメックスカードは、ANAマイルがお得に獲得できるカードです!

アメックスカードは、ANAマイルがお得に獲得できるカードです!

今回は、ANAカードの中でも人気の高いANAアメックスカードを紹介します。自分なりのメリット・デメリットなどを解説してみますので、ご自身に合ったカードなのかを参考にしてみてください。

ANAアメックスカードは、ランク的にはANAカード内で一般カードになっています。しかし、ポイント還元率が1.0%になっており、他のゴールドカード並みにマイルが貯まります。そして、無期限でANAマイル貯められることも人気の理由です。

この他にも空港ラウンジが利用できたり、旅行保険が付いていたり、国内外の旅行好きには嬉しい特典が付いています。コストは、他の一般カードは、初年度無料から、年間費2,000円+税となっていますが、ゴールドカード並みの特典を考えると年間費7,700円(7,000円+税)は安いのではないでしょうか。

ANAアメックスカードのスペックは?

画像

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
年間費 7,000円+税
家族カード年間費 2,500円+税
ANAマイル還元率 1.0%
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高200万円
継続ボーナス 1,000ポイント

ANAアメックスカードの人気の理由をまとめると、

  • ANAマイル還元率がゴールド並みの1.0%
  • 無期限でポイントを貯めることができ、必要な時にANAマイルに変換できる
  • 国内外旅行保険(利用付帯)が付いている
  • 空港ラウンジが利用できる
  • 入会キャンペーンを利用すれば、ポイントでハワイ往復が可能(現在最大35,000ポイント)

実は、このANAアメックスカードは、上位カードであるAMEXゴールドカードと同じ数字になっています。ANAカードなので、ANA便購入時には、通常の2倍もマイルを獲得することができます。

ANAマイル還元率が1.0%!

ANAアメックスカードでは、100円の利用でメンバーシップ・リワードが1ポイント付与されます。アメックスのポイントプログラムをメンバーシップ・リワードと呼んでいます。

このメンバーシップ・リワードは、1,000ポイント単位で1,000 ANAマイルと交換することが可能です。つまり、このANAアメックスカードは、マイル還元率が1.0%のカードとなります。

ANAアメックスカードで普段の買い物やインターネットショッピング、ホテルや航空券の支払いをすることでANAマイルを貯めることができます。

※メンバーシップ・リワード・ポイントをANAマイルに交換するためには、年間6,000円+税のポイント行こうコースへ登録する必要があります。

カード利用でANAマイルが無期限で貯めることができる!

ANAアメックスの特徴は、ANAマイルを無期限で貯めることができます。通常のANAマイルには、3年間の有効期限になります。しかし、アメックスのメンバーシップ・リワード・ポイントで保持することで実質ANAマイルを無期限で貯めることができます。

そのため、有効期限を気にすることなく、大量のポイントを貯めて、長距離やビジネスクラスの特典航空券に交換することができます。

通常よりもマイルを貯める利用方法のご紹介!

先程紹介した普段の買い物、ホテルや航空券購入にカードを利用すれば、メンバーシップ・リワード・ポイントを貯めることが可能です。

しかも、以下のサービスを利用することで更にポイント還元率がアップしたり、直接ANAマイルを貯めることも可能になります。

  • ANAグループ
  • ANAカードマイルプラス
  • ANAマイレージモール
  • ボーナスポイント・パートナーズ

1.ANAグループでのご利用

ANAアメックスの利用でANAマイルを更に多く貯める方法は、ANAグループでの利用になります。ANA航空券、旅行商品、ANAツアー、機内販売などで利用することで、ポイントが通常の1.5倍になり、更にカードのポイントは別に利用金額の1.0%のANAマイルが加算されます。

つまり、実質利用金額の2.5%分のANAマイルを貯めることができます。

2.ANAカードマイルプラスでのご利用

ANAカードマイルプラスとは、このサービス加盟店でANAアメックスカードを利用すると、カード利用時にもらえるポイントとは別途ANAマイルをもらうことができます。

そのため、通常の還元率が1.0%のうえ、プラスで0.5〜2.0%のマイルを加算することができます。お得な情報を知ることで効率的にマイルを貯めることができます。

3.ANAマイレージモールでのご利用

ANAマイレージモールは、いろいろなショッピングサイトをまとめたサービスになります。このANAマイレージモールを経由して、インターネットショッピングをすることでここでもプラスしてANAマイルをもらうことができます。

例えば、ANAマイレージモールを経由して、楽天市場で買い物をするだけで最大で、100円=3 ANAマイルを獲得することができるので、実質還元率を3.0%にアップすることができます。少し遠回りの気がしますが、たったANAマイレージモールから行くだけでお得にマイルを獲得できます。

4.ボーナスポイント・パートナーズでのご利用

ボーナスポイント・パートナーズとは、アメックスのメンバーシップ・リワードのポイントがお得に貯まる提携店のサービスとなります。

このサービスを利用すれば、店舗によってポイントは変動しますが、通常に比べて2〜10倍も多くポイントが貯まります。

ANAフライトボーナスマイルがもらえる!

ANA便に搭乗する際にフライトボーナスマイルとして、ANAマイルがプラスでもらうことができます。

このANAアメックスカードを持っていれば、ボーマスマイルとして10%をプラスで付与されます。搭乗するたびに10%が加算されるので、効率的にマイルが貯まります。

加算されるマイルは、ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションで確認することができます。

また、カードの年間更新の際に継続ポイントとして、1,000ポイントが加算されます。

国内外のラウンジが利用できます!

ANAアメックスカードを保有していると空港のラウンジを利用することが可能です。また、同伴者1名まで無料で利用ができるので、夫婦などで利用することが可能です。

通常空港のカードラウンジは、ゴールドカード以上に付帯するサービスなのですが、ANAアメックには、ついているのでぜひ利用したいサービスですね。

ラウンジ内には、電源コンセントや雑誌などもあり、パソコンなどの利用も可能になっています。

旅行保険が一般カードの中でも充実しています!

ANAアメックスカードの特徴の一つは、旅行保険の充実です。保険の対象者がカード所有者本人だけではなく、配偶者や親族にも最高1,000万円補償があるのも嬉しいポイントです。

補償内容の中で、少し気になる点があるとすると傷害治療と疾病治療の最高100万円になっていることでしょうか。例えば、アメリカでは盲腸で入院したら、約300万円かかったなどの事例が多くあります。

アメリカやヨーロッパに旅行する際には、サブカードとして、傷害治療と疾病治療の充実したカードを保有しておくことも考えましょう。特にヨーロッパでは、アメックスカードが使えない場合があるので、サブカードとして、VISAやMasterを保有しておくと安心です。

【重要】ANAアメックスカードの発行+利用キャンペーンで一気にマイルを貯める方法

2019年12月時点で、ANAアメックスカードは、キャンペーンを実施しています。新規入会と入会後3ヶ月以内の利用に応じて、最大35,000マイルが獲得可能です!

  1. 入会ボーナス:1,000ボーナスポイント
  2. 利用ボーナス1:500ボーナスポイント(3ヶ月以内に1万円のカードご利用)
  3. 利用ボーナス2:4,000ボーナスポイント(3ヶ月以内に30万円のカードご利用)
  4. 利用ボーナス3:22,500ボーナスポイント(3ヶ月以内に70万円のカードご利用)

※70万円のカード利用で獲得できる通常のポイント7,000ポイントと合算で合計35,000マイル相当分になります。

35,000マイルでは、ハワイまでの往復航空券に交換が可能です!

ワイキキ

ANAアメックスカードは、新規発行キャンペーンをお得に利用して、大量のマイルをゲットしてください。

ワンランク上のANAアメックス・ゴールド・カードのレポートはこちらから。